遠赤外線カメラ VIM-Gen2シリーズ対応 魚眼レンズ

遠赤外線カメラ
VIM-Gen2シリーズ対応
魚眼レンズ

1. 概要

魚眼レンズは、特性上キャリブレーションが非常に難しいとされています。

しかし弊社では、長年培ってきたキャリブレーションの技術により、魚眼レンズ搭載のシャッターレス遠赤外線カメラに唯一対応可能な国内メーカーです。広角視野を利用した監視カメラとして最適です。

遠赤外線カメラ VIM Gen2シリーズでは、魚眼レンズにも対応しております。

画像:魚眼レンズOPH-X042装着時カメラ外観

画像:魚眼レンズOPH-X042装着時撮影 屋内オフィス撮影例:屋内オフィス

画像:魚眼レンズOPH-X042装着時撮影 屋外ビル群撮影例:屋外ビル群

2. レンズ仕様

レンズ「OPH-X042」
焦点距離 4.2mm
F値 1.4
重量 290g
寸法 Φ 63mm × 60.7mm

画像:VIM640G2カメラ+OPH-X042レンズ装着時外観VIM640G2カメラ + OPH-X042レンズ

3. カメラ別魚眼レンズ装着時 水平視野角

カメラ種類 水平視野角
画像:OPH-X026レンズ
OPH-X026
画像:OPH-X042レンズ
OPH-X042
VIM-384G2 143度 89.2度
VIM-640G2 180度 148.9度
VIM-PICO1024 180度 180度

4. 撮影画像

画像:VIM640G2カメラ+OPH-X042レンズ

撮影機材
カメラ:VIM640G2
レンズ:OPH-X042
水平視野角:148.9度

赤外線カメラの前に、飲料水入りのペットボトルを視野角の限界に設置することで、どの範囲まで対象物を捉えているのかが確認いただけます。

画像:撮影する上での赤外線カメラとペットボトルの設置状況

画像:赤外線カメラ前にペットボトルを設置した水平視野角

画像:遠赤外線カメラで撮影した撮像画像例遠赤外線カメラでの撮像画像例

撮像例:屋内オフィス

画像:撮影対象「屋内オフィス」撮影対象:屋内オフィス

画像:屋内オフィスを遠赤外線カメラで撮影した画像例

撮像例:屋外風景

画像:撮影対象「屋外」撮影対象:屋外風景

画像:屋外風景を遠赤外線カメラで撮影した画像例

5. 魚眼レンズ・通常レンズ 比較

魚眼レンズ:OPH-X042
画像:VIM640G2カメラ + OPH-X042レンズ VIM640G2カメラ + OPH-X042レンズ
焦点距離 4.2mm
F値 1.4
水平視野角 148.9度
通常レンズ:CAL-V190
画像:VIM640G2カメラ + CAL-V190レンズ VIM640G2カメラ + CAL-V190レンズ
焦点距離 1.9mm
F値 1.0
水平視野角 32.3度
〈撮影条件〉被写体(熱湯の入った容器)とカメラの距離は40㎝
魚眼レンズ OPH-X042

画像:魚眼レンズOPH-X042装着カメラと被写体との位置(カメラと被写体の設置状況)

画像:魚眼レンズOPH-X042装着カメラでの撮像画像例(魚眼レンズでの撮像画像)

通常レンズ CAL-V190

画像:通常レンズCAL-V190装着カメラと被写体との位置(カメラと被写体の設置状況)

画像:通常レンズCAL-V190装着カメラでの撮像画像例(通常レンズでの撮像画像)

〈撮影条件〉窓越しからの風景撮影
魚眼レンズ OPH-X042

画像:魚眼レンズOPH-X042装着カメラと被写体との位置(カメラと被写体の設置状況)

画像:魚眼レンズOPH-X042装着カメラでの撮像画像例(魚眼レンズでの撮像画像)

通常レンズ CAL-V190

画像:通常レンズCAL-V190装着カメラと被写体との位置(カメラと被写体の設置状況)

画像:通常レンズCAL-V190装着カメラでの撮像画像例(通常レンズでの撮像画像)

6. 遠赤外線カメラ VIM-Gen2シリーズ 魚眼レンズ ご紹介(映像)

遠赤外線カメラ VIM Gen2シリーズ 魚眼レンズ について、動画で紹介しています。

その他、ご不明点がございましたら、弊社までお問い合わせください

上記の動画は、YouTube のページでもご覧いただけます。

YouTube【遠赤外線カメラ VIM-Gen2シリーズ 魚眼レンズ ご紹介】

このページのトップへ

English Site