InGaAs近赤外線カメラInGaAs NIR Camera

【カメラ型番変更のお知らせ】

このたび、弊社赤外線カメラの型番を変更させていただく事になりました。

詳細につきましては、ラインナップ型番 変更一覧 [PDF] をご確認下さいますよう、お願い申し上げます。

NIRCam-640LN

写真「近赤外線カメラ NIRCam-640LN 外観」
f=50mmレンズとの組合せ外観

特徴

  • InGaAs素子FPAを搭載した、可視域から近赤外域に感度を持つエリアカメラです。
  • センサ内臓のTECを作動させることにより、安定した近赤外画像が取得可能です。
  • 高感度特性を生かして、最大200fpsまでの高速フレーム撮影が可能です。
  • Gated Imaging動作が可能。
  • レーザー測距、レーザー追尾としても使用可能。

カメラ仕様

項目 仕様
センサ InGaAsアレイセンサ
エリア有効画素数 640×512ピクセル
ピクセルピッチ 15μm/pixel(受光面サイズ:9.6mm×7.68mm)
感度波長帯域 0.9~1.7μm
出力ビット 12bit
暗電流 20fA 以下 (@283K)
最大フレームレート 200fps
露光時間 0.6μs~(上限はフレームレート設定値により変わります)
光学フィルタ 25.4mm径のフィルタを装着可能(レンズ―センサ間に挿入)
画像出力インターフェース CameraLink Base Configuration × 2TAP コネクタ:SDR
制御用インターフェース RS-232C(CameraLink経由)
電源 電圧: DC 12V
消費電力 最大15W
使用温度 -10~+40℃(結露なきこと)
保存温度 -25~+60℃(結露なきこと)
温度制御機能 センサ内蔵TECあり
外部トリガ機能 フレーム同期・非同期トリガ撮像可能
レンズマウント 標準:CマウントおよびM42マウント兼用
寸法 W67mm × H61mm × D90mm(レンズ含まず)

本体外観図

写真「本体外観図」

このページのトップへ

English Site